グルコサミンとコンドロイチンの関係

グルコサミンを摂取するときはコンドロイチンを一緒に摂取すると良く、どちらも軟骨に働きかける成分になります。
新しい軟骨の形成を促すグルコサミンと、軟骨分解酵素の働きをコントロールする作用があるコンドロイチンを併用すると相乗効果があります。

 

グルコサミンとは軟骨成分のひとつになります。
軟骨成分をつくる基礎となる成分なります。
体内で生成されて軟骨や心臓弁・爪などに存在していて加齢とともに減少していきます。
グルコサミンは関節痛を改善させる働きがあります。
軟骨の摩擦が抑えられて関節痛や変形性膝関節症などの病気の改善になり、傷ついた軟骨を再生させる働きがあります。
軟骨に働きかけて関節部分の新陳代謝を促すので軟骨のクッション部分を修復する効果があります。

 

グルコサミンが多く含んでいる食品は山芋やふかひれ・おくら・干しエビになります。コンドロイチンは、不足すると関節痛や腰痛になる原因になります。
保水性や弾力性を与える働きがあり栄養分の消化や吸収・代謝を促す働きもあります。
すり減った軟骨に水分を引き寄せて弾力性を与えてます。
関節痛や変形性膝関節症・リウマチなどの症状を改善させる効果があります。
なめこや海藻・うなぎなどに多く含まれています。