グルコサミンの副作用について

グルコサミンは血液中の糖から派生した天然アミノ糖の一つで、軟骨や腱、結合組織生産などに不可欠な成分であります。
年齢とともに軟骨の生成要素であるプロテオグリカンやコラーゲンの生成が急激に減少すると、軟骨破壊酵素が活発に作用して正常な軟骨を破壊するようになります。

 

グルコサミンは軟骨の生成を助け、人体内の関節軟骨のバランスを維持させる作用をします。
抗炎症作用があり、細胞に炎症を引き起こす活性酸素が生じることを防いで痛みを軽減します。
また、グルコサミンは軟骨を構成する重要な成分でもありますが、髪を構成する重要な成分でもあり、体内の免疫システムの向上や血液循環を促進させる役割をします。
このように、グルコサミンは加齢とともにより多く必要とする成分の一つで、人体が生命活動をするための良い働きをします。

 

しかし、グルコサミンはインスリン抵抗性を弱体化させるので、糖尿病患者や、魚介類アレルギーのある人は使用を避けるようにします。
また、体質によって上腹の痛みや圧迫感がグルコサミンの副作用として起こることがありますので、このような症状が現れたら直ちに服用を中止し、医師に相談して明確な診断を受けるようにします。