関節痛の予防と改善に効果的なグルコサミン

年齢を重ねると、関節に痛みを感じる方が増えてきます。

 

特にひざは体重を支える為、関節痛が出やすい場所でもあります。

 

関節痛を引き起こす主な原因は、関節部分にある軟骨の減少です。

 

軟骨がすり減ってしまうと、骨と骨とがぶつかり合い、痛みや炎症を引き起こしてしまいます。

 

ですので関節痛の予防と改善には、軟骨を増やす事が大切と言えるでしょう。

 

軟骨を作るのに欠かせない成分の1つに、グルコサミンが挙げられます。

 

グルコサミンは軟骨を再生する成分として知られており、元々人間の中で合成されているのですが、加齢と共にその生成量は減少してしまいます。

 

軟骨を作る材料となグルコサミンが減る事で、軟骨も作られにくくなり、軟骨がすり減ったままになってしまうのです。

 

ですので関節の健康を維持するには、意識的にグルコサミンを体内に取り入れる必要があると言えます。

 

この成分は牛や豚の軟骨や、納豆、海藻類などネバネバした食品に多く含まれていますが、1日に必要な摂取量を食事で摂取する事は、難しいと言われています。ですので効率的に成分を摂取できる、サプリメントなどがお勧めです。

 

サプリメントで取り入れる場合、1日1500mgが関節痛の予防と改善に効果的と言われています。