グルコサミンの効果について

昨今、テレビCMや雑誌などで多くみられる「グルコサミン」はアミノ酸の一種で、動物の皮膚や軟骨、カニの甲羅や殻などに含まれている成分です。

 

グルコサ民は人間の爪や靭帯、軟骨などを形成する要素であり、軟骨の細胞を形成しています。

 

加齢による膝の痛みは、関節のグルコサミンの減少が原因のひとつといわれています。

 

コラーゲンやヒアルロン酸と同じで、若いうちは人間の体内で多くつくられる成分ですが25歳くらいを境に、生成能力が衰えていき、体内での貯蓄量が減っていくのです。

 

体内に必要なグルコサミンの生成能力の衰えは加齢のほかにも運動不足や肥満が原因になることもあるので、若い人でも不足して新陳代謝の衰えから関節障害に悩む人も現代は多くいます。

 

体の形成に大きな役割を果たすグルコサミンですが、高齢化社会で関節の痛みなどに悩んでいる高齢者が多いなか、健康食品やサプリメントで摂取する人が増えてきています。

 

サプリメントで体内に摂取することで、関節痛の緩和や血流の促進、つるつると潤った美しい肌の保持という効果が期待できます。

 

最も期待できる効果は軟骨が磨り減ることから怒る関節痛の緩和です。

 

細胞と細胞をつなぎ合わせる作用があり、軟骨部分に働きかけることで新陳代謝を活発化して、関節の可動域を広げて膝や肘を動きやすくするサポートをしてくれます。