グルコサミンの1日の摂取量はどのくらい?

年齢を重ねると階段の上り下りが辛い、また膝の曲げ伸ばしをすると痛みがあるなど、関節部分に問題が生じる方が多くなります。
何故、このような症状が出るのかというと、関節部分にある軟骨がすり減ってしまうのが原因です。

 

軟骨が少なくなるとクッション性が無くなり、骨と骨がぶつかったり衝撃を受ける事で、痛みや動かしにくさを感じるようになります。
ですので関節の健康を維持する為には、軟骨の質や量をキープする事が大切と言えるでしょう。

 

軟骨を作る成分として欠かせないのが、グルコサミンです。
グルコサミンは軟骨を作る為に欠かせない、プロテオグリカンの材料となる成分です。
この成分を摂取を意識する事で、軟骨の再生が高まると言えます。
また関節部分の細胞の働きを活性化する作用もあるので、より軟骨を作りやすい状態へとしてくれます。
この他にも炎症を抑える効果もある為、関節痛の予防と改善にグルコサミンはお勧めとなっています。

 

関節痛の予防や改善の為に、グルコサミンを摂取する場合一日当たり1200mgの摂取量が必要です。
しかし、この量はあくまでも目安で例えば体重が、90kg以上の方は2000mg、54kg以下の方は一日当たり1000mgと体重によって摂取量は変わるので、自分の体重に合わせて摂取する量を調整しましょう。